楽しく集めたフィギュアも最後は買取業者へ

子供が集めたフィギュア

頻繁に買いたがる娘を叱るものの、母親の私自身が大好きなため、
ついつい財布の紐がゆるくなっては買ってしまったものです。

 

こうして、日々増えていくかわいいフィギュアたち・・。

 

しかし、一番困ったことは、
ガチャガチャにせよ、箱で売っているフィギュアにせよ、
同じものがかぶる可能性が非常に多かったことです。

 

当時は、近所のお友達も同じシリーズのフィギュアを集めていたこともあり、
お互いにかぶってしまったものは、交換させて頂いたこともありました。
こうすることで、お金が無駄になることがなく、大変有難かったです。

 

しかし、子供も成長しますし、私もそのフィギュアに飽きることもあります。
そうなった時に、大量にあるフィギュアを目の前に、
ポイっと捨てるわけにもいきませんし、やはり思い入れもあります。

 

しばらくは、ホコリが付かないように1つの箱に収納しておくのですが、
それでも全く触らなくなってしまったものは、次のステップに移動!

 

まず、私の場合は、箱で購入したフィギュアは、
使わなくなるまで、この箱や袋を取っておきます。
そして、もし保存状態が良好なフィギュアは、きちんと袋と箱に入れて、
おもちゃを買取りしてくれる業者さんに買取って頂きました。
正直お値段は全く期待できるものではないのですが、
自宅で使わずに持っているよりも、
ほしいと思っている方がいるならば、お譲りしたほうが無駄にならないと、
こう思ったからです。

 

そして、ちょっと買取りは難しいと判断したフィギュアは、
100円ショップなどで売っている透明のケースを購入して、
その中にお気に入りのフィギュアを並べて飾りました。

 

本当の本当に、もう手に持つことはないと判断した場合は、
下の部分にポンドを塗って、固定して保管したこともあります。
その時に気を付けないといけないことは、
時間が経つと、ボンドの性能なのでしょうか、
フィギュアが白く粉を吹いた感じになる場合があることです。
そのため、置き場所を移動しない場合は、
ボンドを付けずに保管された方が良いかもしれません。

 

こうして考えますと、フィギュアというものは、
子供から大人までを夢中にさせる、
私達にとって永遠のおもちゃなのだと、そうつくづく思いました。